teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


>新番組2、3

 投稿者:kakizakiGTi  投稿日:2021年 4月11日(日)19時30分9秒
  「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」
第1話(新)「レベルMAXになっていた」

>それでも日常的には300年間規則正しく生活してきたあたりは社畜時代に培った習慣の賜物か。
300年同じ土地にいて実に飽きない性格なのかと思えるとともに、毎日丁寧に平均25体のスライムを狩り続けるというあたり、社畜生活が嫌になってスローライフを満喫していた割にはマメな性格だったのでしょうか。
レベルMAXが世間にバレると、スローライフを満喫したい主人公にとっては鬱陶しいくらいに挑戦者が訪ねまくってきましたが。

>中の人が蜘蛛子さんと一緒ですが
挑戦してきたドラゴンが家を壊した際には、画像では「家!返せ!」と盛んにコメントされているのが笑えそうでした。
https://pbs.twimg.com/media/EynYYfwWQAA5d3G.jpg
他所の異世界転生作品のEDテーマのように…。
TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」EDテーマ「がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ」歌:「私」(CV:悠木碧)
https://www.youtube.com/watch?v=X5pQ_sGcNg4

その後、メイゴラゴンと化して主人公に仕えるようになった際にはちゃんと家を建てたあたり、パワーがあるだけでなく仕事が丁寧で、よほど大工仕事が得意だったようで。
https://pbs.twimg.com/media/EynZZcXWQAIp0Jl.jpg
そして夜間労働を止めたあたりなど、300年たっても社畜として亡くなった心の傷は抱えたままのようで。

>最後に流れたOP(?)からすると、女性キャラはさらに増えるようで。
キャラ表では多くの女性キャラが見られるあたり、ほとんど同居人が増えることが前提のような家だったでしょうか、メイドラゴンにそのような意図はなかったにしても。
https://pbs.twimg.com/media/EynZ4F8XMAUG8pk.jpg


「シャドーハウス」
第1話(新)「シャドーと生き人形」

>影のように真っ黒な姿のシャドー家の人々と、それに仕える、背格好が似た『生き人形』。
今の所シャドー一族のケイトと、見習いメイドのように仕えるエミリコの二人きりの幸せそうな生活ですが。
キャラ表を見る限り、シャドー一族とその生き人形のキャラがどんどん増えて行くんでしょうね。
ケイトの屋敷に一緒に住むようになるのか、住処までは別々なのかは知りませんが。

あとは、この一族が何かを企んでいるのか、あくまでも一族とその生き人形の幸せな(?)日常を描いていく方向なのかは気になります。

>ドラえもん 第1巻 9話「かげがり」
この話は読んだ覚えがあります。
画像で見られた通り、影が本体を乗っ取る懸念のあった話でしたが。
こちらでもシャドーと生き人形、果たしてどちらが使われているのやらという懸念は浮かびそうでしょうか。


「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」
第1話(新)「電柱の下の女子高生」

>まあ、ものの見事な棚ぼたというか据え膳というか、ストレートな出だしでした。
18禁コミックなら、それこそ掃いて捨てるほどにありそうな設定の展開でしたが、幸い地上波アニメとして18禁的展開は起きずに。

>主人公はまずまず年長者として理性的に振る舞っていますが、既に同棲的雰囲気になってきているでしょうか。
>社内で既に「あいつ、彼女が出来たらしい」と噂になっていますので、ファーストシーンで主人公をふった同僚がこの先気が変わってからんでややこしくしてくれるのかどうか。
これが、もう少しお互いの年が離れていたなら「ヒナまつり」の新田とヒナのように親子として暮らせたのかとも思えそうだったり。

>未成年かつ家庭事情が複雑そうなヒロインを守ると共に自身の社会的信用も守れるのかどうか。
いずれどこかで、家出少女を抱える立場とヒロインの実家先との間での軋轢がやってくるんでしょうね。
引き合いに出されたコミックでも、ヒロインの子が一時児童相談所預かりになった時期がありましたし。
(よく知っている作品ではありませんが、ヒロインの子が性的関係を問われた際に「何なら証拠を見せましょうか!」とブチ切れたシーンは強烈に印象に残ってます)
 
 

>「ドラゴン、家を買う。」

 投稿者:いくろう  投稿日:2021年 4月11日(日)13時48分41秒
  第1話(新)「いろんな家」
を視聴しました。

今期、「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」に次いで二頭目のドラゴン(いずれ「メイドラゴン」の二期が始まって三頭目が出てきますが)は、なんとも気の弱い、そしてレベルがミニマムな男の子でした…。

>その過程で、何かと解体材料やら食料やらで捕らえられながらも、ドラゴンが泣きつくたびに同情されて放されて、時にアドバイスもくれるなど、結構人の良い種族が多いでしょうか。
ゴブリンというとどこのアニメでも問答無用で襲撃してきてひたすら逆襲されて終わり、というパターンばかり見てきましたので、主人公に同情してくれるゴブリンというのは新鮮でした。

>問答無用でドラゴンを倒そうとする人間の勇者を除いて。
はい、まったく『アなんとか君』並みの脳筋、くわえて名声欲に目がくらんだロクでもない勇者だったでしょうか。

親切なエルフに助けられはしましたが、彼が良心的な業者であることを祈りたいです。
まずは、スライムの夫婦が本当に快適な新居生活を送っているかどうか次回あたり確認できると良いのですが。
そして、ドラゴンにとって良い物件はどんなものになるのかどうか。
メンタル的には蜘蛛子さんと正反対の気の弱さで、この先どんな生活が待っているのか気懸りです。
 

>新番組

 投稿者:kakizakiGTi  投稿日:2021年 4月11日(日)13時10分17秒
  「やくならマグカップも」
第1話(新)「はじめまして!陶芸部」

>主人公の母親がプロの陶芸家だったようですが、主人公がその才能や遺志を受け継いで奮励努力する、というわけでもなく彼女なりに試行錯誤しながら楽しく部活をしていくようです。
このあたり、母親がたまたま陶芸家であったというだけで、かつその母親は4歳の時に亡くなって記憶も薄いようなので、母親のことはあまり気にせず自由に陶芸に向き合っていくんでしょうね。

>父親が一度険しい表情になったので、家庭内紛争になるのかと思ったらそういうわけでもないようですが。
>母親の死と陶芸が何か関係あるのかどうか。
娘が陶芸を行うことに、父親は咎めはしないものの何らかのわだかまりはあるようで。
あとは娘の学校生活が安定するよう、東京から脱サラしてきたという父親の商売やら生活が上手くいきますように。

>後半は実写の聖地巡礼でしたが、これをずっと続けるのかどうか。
こういった事は今回限りにしてほしいものですが、果たして。


「スーパーカブ」
第1話(新)「ないないの女の子」

>内気そうな主人公の世界を広げていくアイテムとして、良きパートナーになっていくようで。
友崎どころか「わたモテ」のもこっちの域にも達しそうかという思えそうなくらいの陰キャの少女が主人公でしたが。
カブとの出会いが主人公に生きる楽しみを与えてくれそうで。

>しかし、『三人殺した』スーパーカブって何なのだろう…。
>日常モノだと思うのですが、そこだけえらく不安なんですが。
当初このような事を言ったり、値段を一万円と信じられない値段を言ったりしたのは、素人女子高生を追い返すための方便かと思ったりしましたが。
気に入った客に好きな値段で売るタイプの人と信じたい所ですが、果たして…。
https://pbs.twimg.com/media/EyYq9RVVoAYP9Lh.jpg

なお、原付免許なので教習もなく試験一発で取得できましたが、経験不足とはいえ路上での走りを見ていると、ちゃんと教習があった方がいいのではないかと、つい思えたり。
https://pbs.twimg.com/media/EyYsVUyVIAoyCrd.jpg
自分の事を言えば中型二輪(現・普通二輪)の免許は持ってますが、運転は楽しんだもののバイクは通学・仕事メインの使い方でしたし、当時バイク雑誌を読みふけっていたわけでも周りにバイク好きがいたわけでもないためバイクに詳しい方でもないので、この主人公にはかなり共感できる所が多そうでしょうか。

素人女性のバイク・車ライフを描く作品ということでは、個人的にはコミックの「彼女のカレラ」を思い起こしそうでしたが。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%BC%E5%A5%B3%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%A9_My_Favorite_Carrera
この手の作品は最初は素人のバイク・車ライフを描く方向性であっても、回を重ねるとともにマニアのキャラが続々登場し主人公が知識を増していくにつれ、マニアックな方向性になっていく印象があるのですが。
(個人的には、そのような理由で上記の作品も読まなくなっていきました)
この作品はあくまでも素人バイクライフという方向性を貫いていってほしいものでしょうか。


「聖女の魔力は万能です」
第1話(新)「召喚」

>王子が入れ込んでいるもう一人の『聖女』は、なろうにありがちな引き立て役に終始するのかどうか。
聖が学者というか医者の道を進みそうな一方で、もう一人はどのような道を進むのかと思って公式HPのキャラ設定を見ても無かったので不安に思ってましたが。

>「聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~」
ご紹介ありがとうございます。
第1話を読んでみましたが、愛良の性格を見ていると実に心配になるでしょうか。


「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」
第1話(新)「大主神官」

>魔王クルムたちも一緒に行って火花を散らしてくれても良かったように思いますが、やはり神力と魔力のガチ衝突はまずかったのでしょうか。
宿でのルマキーナとクルムの行き違いを見ていると、旅にクルムを連れて行くのは無理がありそうですし。
https://livedoor.blogimg.jp/aaieba149/imgs/6/d/6d5792b2.jpg
かつ、当分アリシアが登場しそうな流れは感じませんし。
しばらくはシェラとレム以外の旧キャラの活躍はなく、ルマキーナを連れ立っての旅がメインとなるのでしょうか。

>教会の高位の神職の常なのか不正を許さない上に神の恩寵をまじめに信じている、というのがいかにも危なっかしげ。
このあたり、理想と現実の狭間で思い悩む日がいずれやってくるのかどうか。


「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」
第1話(新)「機密事項一〇一アオキシュラノハナ」

>世界観は面白いのですが、政治・社会状況が分からないうちにバトルが始まりましたので、どうも感情移入しづらい開幕でした。
九州の地図にフランスの国旗が見えたりなど、興味がわきそうな情勢はいくつか感じられますが。
そういった事以上に、根本は時代物にしてエージェント物なのでしょうか。

「ドラゴン、家を買う。」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#54
第1話(新)「いろんな家」
https://note.com/numasan18/n/n80d17585e1b9

人外の住宅購入という、一見変わった設定の作品で。

まず、冒頭でスライム相手の住宅営業でこの世界の住宅事情の雰囲気を分かりやすく表現してくれるとともに。
そして主人公の泣き虫なドラゴンの、勘当されて独り立ちのため家を欲するという事情や意志の強さを、ラストまでじっくり表現してくれたたでしょうか。

その過程で、何かと解体材料やら食料やらで捕らえられながらも、ドラゴンが泣きつくたびに同情されて放されて、時にアドバイスもくれるなど、結構人の良い種族が多いでしょうか。
問答無用でドラゴンを倒そうとする人間の勇者を除いて。
もっとも、住宅営業のエルフによって瞬く間に骨にされましたが。
 

新番組3

 投稿者:いくろう  投稿日:2021年 4月11日(日)11時15分5秒
  「イジらないで、長瀞さん」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#4
第1話(新)「センパイって、ちょっと…/センパイって怒らないんですか?」
https://akibura.com/archives/1078498513.html
(あにこ便の代わりです)

他所の高木さんや宇崎花のように好意の裏返しで弄っているのではなく、単に面白いから、あるいは悪意で弄りまくっている感じで、男女どちらにも感情移入できない第1話でしたが(主人公の方もすぐ乗せられてその気になるのが何とも)。
長瀞さんが実は以前から好意を持っていたとかの都合のいい後付けもないと思いたいです。
さすがにこのままの関係が延々と続くのはどうかと思いますので、二人の関係がどう変わるか当分様子見でしょうか。


「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#60
第1話(新)「電柱の下の女子高生」
https://akibura.com/archives/1078482973.html
(あにこ便の代わりです)

まあ、ものの見事な棚ぼたというか据え膳というか、ストレートな出だしでした。
主人公はまずまず年長者として理性的に振る舞っていますが、既に同棲的雰囲気になってきているでしょうか。
社内で既に「あいつ、彼女が出来たらしい」と噂になっていますので、ファーストシーンで主人公をふった同僚がこの先気が変わってからんでややこしくしてくれるのかどうか。

前に採り上げたことのある「社畜と少女の1800日」と似た状況ですが、
https://seiga.nicovideo.jp/comic/29656
未成年かつ家庭事情が複雑そうなヒロインを守ると共に自身の社会的信用も守れるのかどうか。
 

「聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~」

 投稿者:いくろう  投稿日:2021年 4月11日(日)06時43分10秒
  https://seiga.nicovideo.jp/comic/49759

タイトルのとおり「聖女の魔力は万能です」のもう一人の『聖女』メインの作品のコミカライズがちゃんとあるようです。
第1話までしか読んでいませんが、別にクズ系ではなかったようでホッとしました。
しかし、本当に王子は彼女しか見えていたにようで。
そりゃ、聖さんにしたらムカつくだろうな。
 

新番組2

 投稿者:いくろう  投稿日:2021年 4月11日(日)06時26分48秒
  「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#39
第1話(新)「レベルMAXになっていた」
https://akibura.com/archives/1078498103.html
(あにこ便の代わりです)

こちらも社畜女子の転移・転生モノ。
原作を読んでいたはずですが、ほとんど忘れていました。
中の人が蜘蛛子さんと一緒ですが、こちらは好対照ののんびりスローライフかつ最強キャラっぽくて、むしろ「くまクマ熊ベアー」に近い雰囲気でしょうか。
今のところ「くまクマ熊ベアー」と比べても事業を始めようとかいう気持ちもなく、まして他所の魔女のように旅に出る気もない様で。
それでも日常的には300年間規則正しく生活してきたあたりは社畜時代に培った習慣の賜物か。
メイドラゴンも手に入れられたようで、このままさらにスローライフ三昧になるのかどうか。
最後に流れたOP(?)からすると、女性キャラはさらに増えるようで。
ただのんびり和んで見て楽しむ作品なのか、今後は多少とも波乱があるのかどうか。


「シャドーハウス」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#33
第1話(新)「シャドーと生き人形」
https://akibura.com/archives/1078498455.html
(あにこ便の代わりです)

ゴシックミステリーとのことですが、まだ設定がよく分かりません。
影のように真っ黒な姿のシャドー家の人々と、それに仕える、背格好が似た『生き人形』。
本当に人形なのかどうなのか、むしろ『生き人形』が本当の人間で、シャドー家の方がその『影』なのではないか…。
と、考えるのは「ドラえもん」の中の一話を連想したもので。
ドラえもん 第1巻 9話「かげがり」
http://blog.livedoor.jp/doraemon_vs_suneo/archives/1191090.html

二人のヒロイン、ケイトとエミリコの関係は良好、温かい雰囲気なので、これが壊されたりする展開にならないと良いのですが。
 

新番組

 投稿者:いくろう  投稿日:2021年 4月10日(土)14時37分48秒
  「やくならマグカップも」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#79
第1話(新)「はじめまして!陶芸部」
https://akibura.com/archives/1078482785.html
(あにこ便の代わりです)

「のうりん」「安達としまむら」に続く岐阜ご当地アニメ。
女子部活モノの日常を丹念に描いていくようで、「放課後ていぼう日誌」的なまったり楽しめる雰囲気でしょうか。

主人公の母親がプロの陶芸家だったようですが、主人公がその才能や遺志を受け継いで奮励努力する、というわけでもなく彼女なりに試行錯誤しながら楽しく部活をしていくようです。
父親が一度険しい表情になったので、家庭内紛争になるのかと思ったらそういうわけでもないようですが。
母親の死と陶芸が何か関係あるのかどうか。
まずは陶芸の楽しさをしっかり見せる展開を期待したいです。

途中で高校時代の母親とすれ違うシーンがありましたが、あれは全くの幻想なのか。
それとも、一瞬時空がシンクロして実際に会った、というファンタジーなのかどうか。
もし、そうなら母親視点のこのシーンも見てみたくなるでしょうか。

後半は実写の聖地巡礼でしたが、これをずっと続けるのかどうか。
「異世界居酒屋のぶ」でもやっていたことですが、個人的にはアニメに集中してほしいところです。


「スーパーカブ」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#37
第1話(新)「ないないの女の子」
https://akibura.com/archives/1078489253.html
(あにこ便の代わりです)

こちらもローカル色豊かな日常系。
二輪車に特に興味があるわけではありませんが、内気そうな主人公の世界を広げていくアイテムとして、良きパートナーになっていくようで。
主人公が夜のコンビニでエンジンがかからなくなったところで、二輪車マニアの女の子とかが出てきて助け船を出してくれて知り合いになって…とか予想しましたが、別にそういうわけではなく自力で解決。
他人に引っ張られていくうちに二輪車に目覚めていく、というのではなくある程度のところまでは自分で興味を深めていく流れなのかどうか。
どんな形で仲間と出会っていくのか、次回が楽しみです。

しかし、『三人殺した』スーパーカブって何なのだろう…。
日常モノだと思うのですが、そこだけえらく不安なんですが。


「聖女の魔力は万能です」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#35
第1話(新)「召喚」
https://akibura.com/archives/1078486111.html
(あにこ便の代わりです)

また自動車事故かお風呂で溺れるかして転生するのかと思ったら、あっさり召喚により転移しました。
無理矢理拉致されたようなもので、呼ばれた方にはものすごく迷惑な話ですが。
おまけに王子?はもう一人の転移者に夢中とは、殴ってやって良いレベルでしょうか。

もっとも、それのお陰で良さそうな転職先を見つけられたし、さっそくチート能力を発揮して聖女として熱い支持を集めそうな様子。
今後も大勢の患者を助けたり魔獣と遭遇したりのハードな展開もあったりするのかどうか、修羅場でもしっかり活躍してくれそうなヒロインに期待したいところです。

王子が入れ込んでいるもう一人の『聖女』は、なろうにありがちな引き立て役に終始するのかどうか。
なろうにそうしたパターンの話(できる聖女とダメ聖女の対比)は数多くあるようですが、、今回のアニメはそうした作品中でも出色、ということでしょうか。

(以下、余談)
今回のアニメの原作は未読ですが、この手の話は長短取り交ぜてなろうではすっかりお馴染みなようです。
自分も読んでますが。
「聖女としての地位を妹に譲れと言われた公爵令嬢と、聖女としての地位を譲られて王太子と婚約した双子の妹の話」(短編読み切り版)
https://ncode.syosetu.com/n2102gv/
【連載版】「がんばれ農協聖女 ~聖女としての地位を妹に譲れと言われた農強公爵令嬢と、聖女としての地位を譲られて王太子と婚約した双子の妹の話~」
https://ncode.syosetu.com/n6253gv/

一方で聖女同士仲が良い、というパターンもありますが。
【書籍化&コミカライズ】「完璧すぎて可愛げがないと婚約破棄された聖女は隣国に売られる」
https://ncode.syosetu.com/n5091gj/

ちなみに、聖女として召喚されてもしっかりお断りする人もいますけれど。
「聖女召喚されましたけど、彼氏がいるので帰ります」
https://ncode.syosetu.com/n5839gl/


「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#5
第1話(新) re71さん200追加「大主神官」
http://aaieba.livedoor.biz/archives/57895564.html
(あにこ便の代わりです)

前シリーズの続き。
教会内の不正を正そうとする大主神官のルマキーナが主人公ディアヴロの助力を得て遠方の味方をところへ向かう旅の物語、とまるっきり水戸のご老公のパターンですが。
教会の高位の神職の常なのか不正を許さない上に神の恩寵をまじめに信じている、というのがいかにも危なっかしげ。
これまでのディアヴロの仲間であるシェラ、レムのようにディアヴロのことを理解する日があるのかどうか。
魔王クルムたちも一緒に行って火花を散らしてくれても良かったように思いますが、やはり神力と魔力のガチ衝突はまずかったのでしょうか。
目的の頼りにしている人物も胡散臭そうですが、はたして敵なのか味方なのか。


「擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD」
https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228#35
第1話(新)「機密事項一〇一アオキシュラノハナ」
https://anitubu.com/archives/post-47835.html
(あにこ便の代わりです)

徳川時代が明治64年まで続いている、という世界観に興味があって視聴。
和風ゴチックホラーでしょうか。
現実に置き換えると昭和6年(1931年)、満州事変勃発とかそろそろ戦時色が色濃くなってくるところですが、この作品ではどうなのか。
世界観は面白いのですが、政治・社会状況が分からないうちにバトルが始まりましたので、どうも感情移入しづらい開幕でした。
日常パートもいろいろ見せてほしいところです。
 

アニメ

 投稿者:いくろう  投稿日:2021年 4月 4日(日)08時34分56秒
  ホリミヤ
第13話(終) 「せめて、この大空を。」
https://akibura.com/archives/1078476861.html
(あにこ便の代わりです)

卒業を控えて由紀が溜息を吐いていたのは透との今後について悩んでいたのかと思ったら、ロッカーの中身をどうするか、というきわめて即物的なことでした。
透との関係はもう安定しているのかどうか。

>この家政婦さんには、今後も大いにこの二人をいじって、というか煽って楽しませてほしいと思えました。
家政婦さんの出番は今後大いにありそうで、二期があるなら活躍を期待したいところです。

>ちなみに、当初の陰キャの屈折した葛藤の末の入れ墨やピアスの設定は、もうほとんど有名無実のものなんでしょうね。
教室では入れ墨はともかくピアスの穴は丸見えで周知の事実になっていそうですが、みんな普通に接しているようで、すっかりクラスに馴染んでいる良いムードですが。
今回は伊澄の視点で、陰キャの屈折した葛藤との最後の対峙になり、そして解決したようで何よりだったでしょうか。
いろいろな偶然の出会いが無くて寒々しい三年間、他のキャラも多かれ少なかれ現実より得るものが少なかった高校生活になった可能性は見ていて中々恐かったです。
(画像コメントで『エロゲのバッドエンドみたいだ』と言われていましたが、)
「もし君の言うところの運命なんてものが無かったとしても世界は自分が望んだ方向へきっと少しずつ進んでくれるんだと思う。」
と言っていましたが、そういうポジティブ思考ができること自体今の状態が幸せの証明でしょうか。

他のキャラもそれぞれ良い方向性に言っているようで何よりですが。
特に井浦妹は高校に合格できて良かったです。
これも京子の助力があったから(別ルート世界では不合格だった)でしょうから、今後も京子を頼りにして家に押しかけてきたりするのかどうか(もう一人の京子大好き少女・沢田ほのかとかち合ったりするところが見てみたい)。


「のんのんびより のんすとっぷ」
第12話(終) 「また桜が咲いた」

>もしかして、ピアノ同様兄が仕度したんじゃないかと勘繰りたくもなりそうだったりしましたが、まさかそこまで…。
思わず笑ってしまいました。
本当に黙々とやっていそうで。

>かずほ先生も、教師としてはアレですけど単に手を抜いているだけと思いますが、たぶん…。
考えてみたら、越谷母も何にも疑問に思っていない風でしたが、彼女のけっこうかずほ先生に毒されてしまっているのでしょうか…。
https://pbs.twimg.com/media/ExlNMDmUcAEol_4.jpg

>そして、来年の卒業式の際には果たしてどうするのかとも思えてしまえました。
>ちゃんとまともにかずほ先生が弾くのか、もしも小鞠がピアノを弾けるようならすごいですが。
蛍も稽古事でピアノとか習ってそうにも思えますが、もし習ってなくてもかずほ先生が
「蛍が卒業式でピアノを弾いてあげたら、きっと小鞠が喜ぶよ~。」
とか言えば、蛍が必死になって練習したりして…。

春の見たい新番組は、まだアニメ配信サイトや無料動画まとめにアップされていないようなので、今度また。
 

>アニメ

 投稿者:kakizakiGTi  投稿日:2021年 4月 3日(土)20時21分45秒
  「のんのんびより のんすとっぷ」
第12話(終) 「また桜が咲いた」

>卒業式のあの教室の飾りつけは誰がやったのか(れんげは知らなかったみたいですし)
もしかして、ピアノ同様兄が仕度したんじゃないかと勘繰りたくもなりそうだったりしましたが、まさかそこまで…。
https://pbs.twimg.com/media/ExlMpjrU4AEJHB5.jpg

>ピアノ演奏くらいかずほ先生がやればとか(ここが一番笑えました)
小学校の先生が大変そうに思えるのは、専門科目だけを教ええばいい中高の教師に対して、音楽・体育なども含めたすべての科目を教えなければいけない事と思ってましたから。
かずほ先生も、教師としてはアレですけど単に手を抜いているだけと思いますが、たぶん…。

そして、来年の卒業式の際には果たしてどうするのかとも思えてしまえました。
ちゃんとまともにかずほ先生が弾くのか、もしも小鞠がピアノを弾けるようならすごいですが。
あるいは教師権限でピアノ演奏を省略するのか…。

>高校生組の会話も面白かったですが
>(あかねがひかげの東京暮らしじまんに食いつくとか意外でしたが、わりとウマが合っているのでしょうか。
個人的には、今回これが一番笑えて楽しめたでしょうか。
初登場時に東京風を吹かそうとしてもリアル東京人の蛍がいたおかげで面目丸つぶれとなって以来、まともに東京自慢をしようとしても外されるのがお約束でしたら。
http://otanews.livedoor.biz/archives/51965851.html
できれば、あかねへの東京自慢で盛り上がるやり取りはぜひ見たい所でした。

そして逆に東京では、田舎自慢で盛り上がっているものと思いたい所です。
https://pbs.twimg.com/media/ExlSVTtU8AAabd6.jpg


「IDOLY PRIDE」
第12話(終)「サヨナラから始まる物語」

>まあ、無難と言えば無難な結果でしょうか、これは。
>優劣をつけると後々困る、とかの製作サイドの事情を勘繰らざるを得ませんが。
同点優勝の予想も多少してなくはなかったでしたが、ヴィーナスグランプリの運営側に言わせれば、かなりの天文学的確率とのことで。
運営側にしてみればヴィーナスグランプリというものを、よほど白黒決着つけたい競技のようにしたかったんでしょうね。

>(どちらかというと、麻奈の妹の居る月のテンペストが僅差で勝つのかと思ったりしましたが)。
なるほど、このような結果だと視聴者にとっても良い方向に期待を裏切られるような展開だったんでしょうね。
この例えを聞くと個人的には、「キン肉マン二世」での超人オリンピックの決勝で主人公のキン肉万太郎がライバルのケビンマスクに敗れて、多くの読者の予想を良い方向に裏切りストーリーとしては盛り上がった展開を思い起こしそうでした。
ちなみにアニメ版では、ちゃんとお約束通りにキン肉万太郎の勝利でしたが。

>麻奈は航平に告りはしましたが、最後の最後は妹への語りかけの後退場。
麻菜の成仏で最も悲しくのは、妹の琴乃や意思を疎通させていた芽衣以上に航平かと思ってましたが、予想どおりだったでしょうか。
 

アニメ

 投稿者:いくろう  投稿日:2021年 4月 3日(土)13時38分30秒
  「のんのんびより のんすとっぷ」
第12話(終) 「また桜が咲いた」
https://akibura.com/archives/1078457267.html
(あにこ便の代わりです)

主要人物総出演(くわえて新キャラも)、第一期からついに時間が動いて二度目の春。
三期目にしてみごとに大団円を感じさせる最終回だったでしょうか。
第四期もあるかもと思いましたが、兄貴の卒業が描かれたことでその線が薄まったのを感じ、そして皆の進級・進学が描かれたことで本当に終わりなのを実感しました。
(原作も終わっているそうですし)

卒業式のあの教室の飾りつけは誰がやったのか(れんげは知らなかったみたいですし)、とか兄貴は挨拶とかしないのか、とかピアノ演奏くらいかずほ先生がやればとか(ここが一番笑えました)、
https://pbs.twimg.com/media/ExlNMLKUUAQrt6i.jpg
いろいろ言いたいことはありつつもしっかり卒業式が終わり、
そして続々と集結する登場人物たち。
高校生組の会話も面白かったですが
(あかねがひかげの東京暮らしじまんに食いつくとか意外でしたが、わりとウマが合っているのでしょうか。
https://pbs.twimg.com/media/ExlO3s4UcAEZEux.jpg
このみに対しては、『あんた、どう見てもたくらみキャラだろ』と言いたくなったり。
しかし、この三人に蛍が混じっても高校生四人にしか見えそうにないでしょうか。)

しかし個人的に一番の見どころはれんげがさらにお姉さんとしての自覚を高めているあたりだったでしょうか。
しおりの母親の出産に不安そうなしおりの手を握ったり、無事生まれた最後の新キャラ・かすみと先輩となる約束をしたり
https://pbs.twimg.com/media/ExlRdxCVcAIousQ.jpg

これからも同じようで少しずつ違う毎日をみんなが過ごしていくことが伺える心地良い終わり方でした。
https://pbs.twimg.com/media/ExlSH9wVcAEXI1p.jpg

大学に行くこのみ、友達と談笑するひかげやあかねが描かれたのも良かったですが、できればどこか遠くの土地にいる、れんげの友人のほのかも見てみたかったです。


「IDOLY PRIDE」
第12話(終)「サヨナラから始まる物語」
https://akibura.com/archives/1078456957.html
(あにこ便の代わりです)

勝負の行方は果たして…と思い、またその後の両ユニットの関係がどう描かれるか気懸りでしたが(どちらかというと、麻奈の妹の居る月のテンペストが僅差で勝つのかと思ったりしましたが)。
まあ、無難と言えば無難な結果でしょうか、これは。
優劣をつけると後々困る、とかの製作サイドの事情を勘繰らざるを得ませんが。

で、物語は第1話のファーストシーンの時点に戻ったようで。
https://pbs.twimg.com/media/ErYKLTQVcAMu5Co.jpg

麻奈は航平に告りはしましたが、最後の最後は妹への語りかけの後退場。
https://pbs.twimg.com/media/ExkxBRkVcAIM52h.jpg
https://pbs.twimg.com/media/ExkxQzmUYAU0heD.jpg
もう少し琴乃やさくらと関わるシーンも見てみたかったですが、まずは良い形で去ったかと。

これからは麻奈への気持ちに一区切りをつけた各アイドルたちの新たな戦いの始まりでしょうか。
 

レンタル掲示板
/213